Center for Community Medicine, Faculty of Medicine, Oita University

第11回プライマリ・ケア道場

 

第11回プライマリ・ケア道場         

 

地域医療学センターが主催となって、約三か月に一度のペースで定期開催しております第11回大分プライマリ・ケア道場をトキハ会館で開催しました。若手医師の先生方、研修医の先生、学生さんには多数のご参加を賜り、誠にありがとうございました。まず、恒例の学生・研修医向けの病院紹介として豊後大野市民病院長木下忠彦先生より『豊後大野市民病院について』の魅力をたっぷりお話いただきました。ありがとうございました。

 

特別講演では大船中央病院の内科部長・副院長である須藤博先生より『一度みれば忘れないSpPinな身体所見』と題し、見ようとしないと診ることができない身体所見の面白さなどをはじめ、なかなか決め手に欠く身体診察をいかに理解しうまく会得するか、臨床現場でのコツを惜しむことなく御教授いただきました。学生や研修医の皆様も目を輝かせて拝聴していたようです。

 

 

 よりよい道場をめざし、ご意見・ご要望があれば当センターへご連絡いただければと思います。新たな『道場破り』お待ちしております。文責 石井稔浩