Center for Community Medicine, Faculty of Medicine, Oita University

医学部6年生の地域医療実習が終了しました

平成23年4月18日より、大分大学医学部医学科6年生による「地域医療実習」が終了致しました。大分大学医学部は、大分県の高度先進医療・医学研究の拠点であると同時に、大分の地域医療を支える役割も担っています。近年、地域医療に対する社会的ニーズが高まっていることを踏まえ、大分大学でも本年度から地域医療実習をスタートしました。本実習は、地域医療の第一線となる県内8つの地域中核病院・診療所で2週間行いました。本学生が、受け入れ先の先生や看護師をはじめとするスタッフの方々と一緒に診療に携わり、行政や保健所などの見学実習を通じて、地域医療の現状・課題、そして何より「やりがい」を感じることが本実習の目的です。本学生達が、この実習を通じて地域医療の素晴らしさを体感できたことを嬉しく思います。

 

平成23年度 地域医療実習病院