Center for Community Medicine, Faculty of Medicine, Oita University

『第9回大分プライマリ・ケア道場』

 地域医療学センターが主催となって、約三か月に一度のペースで定期開催しております「大分プライマリ・ケア道場」が平成25年9月13日(金)19:30~大分オアシスタワーホテルで開催されました。

スライド1スライド2スライド3スライド4

 早いもので今回で第9回目となりました。若手医師の先生方、研修医の先生、学生さんには多数のご参加を賜り、誠にありがとうございました。まず、恒例の学生・研修医向けの病院紹介として竹田医師会病院長の明石雄一先生より「竹田医師会病院について」の紹介をいただきました。竹田市や竹田医師会病院についての概要や実状、課題等説明していただきました。常勤医師は少ない現状ですが、そんな中でも本大学の地域医療学実習にも多大に貢献をいただき、学生に熱心に指導いただいている様子が伝わってきました。誠に感謝申し上げます。

スライド8スライド2-2スライド7スライド6

 特別講演では慶應義塾大学医学部 循環器内科 講師 香坂俊先生をお招きして、『動悸をめぐる3つの話題』と題して「見逃したくない疾患」や「その原因を徹底的に追求するには?」、「症状がない『動悸』への対応」に分けてお話いただきました。診療現場でふと動悸・不整脈に出あうと、なかなか「次の一手」に困ることが多いのですが、診療のコツやポイントをわかりやすく解説いただきました。ありがとうございました。

 プライマリ・ケア道場も会を重ねるごとにより多くの先生方や学生さんにご参加いただいております。次回で記念すべき第10回を数えます。よりよい道場をめざし、ご意見・ご要望があれば当地域医療学センターへご連絡ください。新たな『道場破り』お待ちしております。文責 石井稔浩