Center for Community Medicine, Faculty of Medicine, Oita University

海外研修

 平成23年3月7日から13日にかけて欧州におけるプライマリー・ケアを体験する目的で、オランダ国Radbaud大学医学部Ben Bottema教授を訪ねました。教授は6年前に日本家庭医療学会総会で御講演いただいた縁で、今回私たちの視察を快く引き受けていただきました。
 初日は前世界家庭医療学会理事長のVanWeel先生方とお会いして、オランダでのプライマリー・ケアの歴史的経緯を伺うことができました。1950年代から徐々にGPという専門分野を確率し、いまでは内科・整形外科・小児科など多岐にわたるガイドラインを独自に策定していることを伺いました。2日目は研修医の教育・指導方法について、実際に参加しながら学ぶことができました。大学では小グループに分かれてのワークショップ形式で、現場では指導医とのマンツーマンによる教育をみることができました。いずれも病歴と身体診察に重きをおいたものでした。3日目は実際に都市部と田園地帯の2通りのクリニックを見学させてもらいましたが、特別な医療機器を必要とせずとも、住民の健康問題の約9割を解決しているとのクリニック所長の言葉には、GPのエキスパートであるという自負が感じられました。私自身日頃から病歴と身体診察が重要と学生に教えてきましたが、ここではさらに患者が環境から受ける影響についても考慮する、Bio-Psycho-Socialモデルの重要性について、強く語られていたことが印象的でした。
 今回の研修を通じて、患者に対して総合的医療を行える医師育成の必要性、実践的な教育方法の重要性について理解しました。また今後の課題として大分の地域ニーズにあった医師育成キャリアパスの確立を図る必要性を痛感しました。
                                            阿部 航