Center for Community Medicine, Faculty of Medicine, Oita University

センター長 あいさつ

守山医学部長(地域医療学)

大分大学医学部地域医療学センター長就任のご挨拶
        

2013年4月1日

大分大学地域医療学センター長

大分大学医学部長 守山 正胤

 

この度、前大分大学医学部長 大橋京一先生の後任として、大分大学医学部附属地域医療学センター長に就任いたしました。
近年、医師の絶対数の不足や医療の高度化、臓器別専門化など、医療をめぐる問題が山積しています。また、それに伴う医師の偏在、専門科の偏在など、地域医療を取り巻く環境はますます厳しさを増しており、医療過疎や地域の救急医療などの問題が、連日大きく取り上げられています。

大分県におきましても、大分・別府を除く医療圏での医師の不足や偏在、診療科の偏在が大きな問題となっており、地域医療現場における住民の不安の解消と地域医療に従事する医師の疲弊の改善は緊急の課題であります。しかしながら、近年の大分県内での研修希望者は減少傾向にあり、大分県内の医師の絶対数も減少しています。これら危機的現状を改善していくことが、大分県における唯一の医育研究機関である大分大学医学部の使命であると考えています。その第1歩として、患者のみならず、医学生・研修医にもわかりやすい大学講座の再編成を行ってきました。現在、スムーズな研修生活や医療人としてのキャリアパス形成が実践されるような講座間連携システムの構築にとりかかっています。さらに、大分大学医学部附属病院におきましては、特定機能病院として全県対応型の高機能な設備を有した診療と研究機能の集約型病院を目指し、現在、再整備計画を進めています。これらの活動を通じて、さらなる地域医療面での貢献を実践し、同時に医学生や研修医の先生方にとって、よりよい研修病院を目指していきます。

地域医療についての教育活動の充実や二次医療の地域完結を可能にする長期的な対策を講じる目的で、平成22年に設立されたこの地域医療学センターも、今年度で4年目を迎えます。医学部3年生や5年生の地域滞在型実習も軌道にのってきました。さらに昨年2月には、「地域枠」医学生の同門会である「大分の地域医療の明日を拓く会」の記念すべき第1回が開催されました。また、一昨年3月には「地域枠」の初めての卒業生も誕生しました。このように地域医療について見識のある医学生が増加しています。これらの医学生が、卒後、大分の地域医療の現場で活躍してくれることと確信しています。

当センターにおきましても、地域医療の活性化のため、今後、更なる努力を重ねてまいりたいと存じます。変わらぬご指導ご鞭撻のほど、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。